一番大切なこと|越谷・東川口のペット火葬はあすかの郷

一番大切なこと

ペット火葬の前にすること

一番大切なペットの安置

はじめまして、あすかの郷代表の熊代です。

大切な家族を失った悲しみの中、どうしたらいいか困っていませんか?
一番大切なことはペットの安置です

火葬するか土葬するか、火葬屋の選別、火葬のあとお骨はどうするかなど 飼い主様が決めなくてはいけないことが沢山あります。 何をするのにも時間がかかり、季節によっては遺体の傷みが早いため、虫などが寄ってきます。 まずペットの事を考えてください

大切な家族ですからきれいな形でお見送りをしてあげましょう

用意するもの

  • ベットかシーツ(ご遺体の下に敷く)
  • タオル2枚(拭き取り用と掛ける用)
  • 綿(お尻・口・鼻栓)
  • ドライアイスまたは保冷剤あるいは氷(お腹の回りに置く)

一般的には、腸から傷みが始まります。特にお腹を冷やして下さい

安置方法

  1. なるべく涼しい所を選び、ベットかシーツの上に寝かせてください。
  2. 手・足から死後硬直が始まります。手足を丸めて、目をとじてください。
  3. 生き物ですから体から液体が出てきます。拭いてあげて、
    口・鼻・おしりに綿などつめてください
  4. おなかの回りから傷み始めます。ドライアイスをおいてあげてください
    保冷剤、ビニール袋に氷を入れたものでも構いません
  5. 最後に、上からタオルをかけてください

絶対に暖めてはいけないということです。 毛布はかけてはいけません

この安置方法は、季節にもよりますが1日から2日の方法です ご遺体の傷みには気をつけてください。

出来るのであれば・・・

体毛を取っておいて下さい。火葬してしまうと残りません。

お花を用意してあげて下さい。ただし注意してほしいことがあります。お庭などにあるお花をご遺体の周りに置くことです。お花に虫がいる可能性があり、ご遺体を傷つけてしまうからです。

お水と大好きだった食べ物をお供え物として用意して下さい。

守刀(しゅとう) 邪悪な物から守る、という意味があります。カミソリや鋏でもいいです。