ペット火葬のあと

参考にして下さい

お骨をどうしたらいいのか

はじめまして、あすかの郷代表の熊代と申します。(長文です)

ペットの火葬のあとのことなのですが、皆さんお骨をどうしたらいいか、 どのようにしたらいいか悩んではいませんか? 大切な家族ですから当然だと思います。 人それぞれ考えがあるように、ご主人様はご主人様の考えがあるでしょう 急ぐことはありません。納得されてからで構わないと思います ご家族とよく相談をして決めてください。

下記のものはお客様から伺った ペット火葬のあと どのようにしたかを記述しておきます

参考例

  • ご先祖様が眠る霊園さんに聞いてみる
  • ペット霊園で墓石を購入して、管理をしてもらう
  • 仲間同士で1つの墓石を購入する
    (マンションのペット倶楽部で1つ墓石を購入している所もありました)
  • 墓石だけ購入してご自宅の庭にお墓を立てる
  • ペット霊園の納骨堂に安置して、その後合同墓地に埋葬する
    (納骨堂に安置したが、寂しいのでご自分のそばに戻した方もいました)
  • ご自宅で骨壷のままそばにおいておく
    (20年持っている方もいました)
  • インテリアの一部としてリビングに置く
  • ご自宅の庭に埋葬する
    庭に埋葬を考えている方はコチラを読んで下さい→庭に埋葬
  • お骨を細かくして、植木鉢やプランターに埋葬する
  • お骨をパウダー状にして、お庭に撒く
  • お骨の一部だけそばにおいて、残りはお庭に埋葬する
  • 49日までご自宅で供養して、その後ペット霊園の合同墓地に埋葬する
  • 1年位自分のそばにおいて、その後ペット霊園の合同墓地に埋葬する
    (この方法が一番多いいです)
  • お骨の一部だけそばにおいて、残りはペット霊園の合同墓地に埋葬する
  • お骨の一部を分骨カプセルに残し、残りはペット霊園の合同墓地に埋葬する
  • 自分のお墓に一緒に入れる
    (霊園さんによっては入れられない処もあります)

ここに記述してるのはほんの一部に過ぎません 他にもまだ色々な方法があると思います。その方にあった選択ができると良いですね

保管&埋葬

遺骨の保管を考えている方は、ペットの遺骨を保管を読んでください

ペット霊園のお墓、納骨堂、合同墓地の詳しい情報は、弊社提携霊園 聖苑花みずき へどうぞ

※お骨をご自宅の庭に埋葬する場合は、土に返す為お骨を骨壷から出してお骨を砕き(ちょっと残酷ですけど) 1m位穴を掘って埋めて下さい。(骨壷からお骨を出さないと中に水が溜まります)
この方法は、飼い主様の土地を代々引き継いでいけば可能です。
《飼い主様→子供→孫→曾孫→玄孫→昆孫→仍孫→雲孫》

あすかの郷からの提案

容姿が変わっても大切にして下さい

弊社では、ペット霊園にお任せすることをお勧めします
ご主人様のご兄弟あるいはお子様まではお世話できるけど、その先はわからないものです。

昔、私は建築業をしておりました。
外溝工事をしているとたまにお墓やお骨が出てくることがあり、
先月も ”庭に埋めてあったペットの骨壷を壊してしまった”
と現場監督さんが骨壷だけ買いに来ました

大切な家族がそのようなことがあったら悲しいですよね。 できるだけペット霊園に埋葬することをお勧めします。