ペットの遺骨を保管

手元供養されている方沢山いますよ~

遺骨の保管について

法律のお話、画像を載せています

法律

法律では、火葬場で火葬された遺骨は自宅で保管することができます。

遺骨(焼骨・遺灰)を自宅で保管することは、公に認められています。 “火葬後すぐにお墓に入れなくてはいけない”とか、“49日過ぎたら埋葬しなくてはいけない”と言うのはありません。 ご家族とゆっくり話し合って決めて下さい。

ただこの法律は、焼骨・遺灰の保管の事であって、埋葬・散骨は別になりますのでご注意下さい。

お写真を撮らせてもらいました

写真

リビングに保管しています

20年も一緒にいたのに、いなくなるのは考えられない!!と言っていました
三郷市のI様、ご協力ありがとうございました。

ps このお客様は、仏具が何処で販売しているのかが分からなかったので苦労した。と言っていました。 よかったらコチラの人気サイトを見て下さい。

ペット仏壇、ペット仏具の専門店 【ディアペットウェブストア】

お写真を撮らせてもらいました2

写真

ご先祖様の前に保管しています

位牌の打ち合わせに行った時に、撮らせてもらいました。 毎日お水を変えて、話しかけているそうです。

春日部市のK様、ご協力ありがとうございました。